graphic

検索用コード
1次の\sin\theta,\ \cos\theta\ の方程式・不等式}}は,\ \bm{\textcolor{red}{図形的考察}}が有効である.$ \\\\  は元々,\ 単位円上の点のx座標とy座標である.}}$ \\  つまり,\ (x,\ y)=(\cos\theta,\ \sin\theta)は,\ 単位円x^2+y^2=1上に存在する.}}$ \\\\  これを利用するため,\ $\bm{\textcolor{red}{\cos\theta=x,\ \sin\theta=y\ と置換}}する.$ \\  すると,\ \textbf{\textcolor{red}{$\bm{x^2+y^2=1}$との交点を求める}}ことに帰着する. \\\\  例えば(1)の場合,\ $y=\zettaiti{x}\ と\ x^2+y^2=1\ の交点が\cos\theta,\ \sin\theta\ である.$ \\  もちろんこのときの$\theta\ は,\ x軸の正方向とのなす角である.$ \\\\\\ 全体に絶対値が付いている\ y=\zettaiti{x}\ は,\ \bm{y=xをx軸で折り返したグラフ}である. \\ 本問を普通に解こうとすると中々面倒である. \\ 座標平面で図形的に考察することの意義をおさえておこう.