高校数学Ⅲ 微分法の応用

まず、基本的な微分計算が正しく実行できて初めて応用できることに注意してほしい。

接線・方程式・不等式への応用については、計算が数Ⅲの微分になっただけで考え方は数Ⅱの微分とかぶっている部分が多く、きちんと学習を積み重ねてきているならば容易に理解できる。

ただし、考え方の理解は容易でも実際に計算を実行して問題を解くのが容易とは限らない。やはり多くの問題演習を積むことが大事である。

平均値の定理など、数Ⅱの微分ではなかった数Ⅲ特有の事柄については要確認である。


☆当カテゴリの印刷用pdfファイル販売中☆

当カテゴリ内記事一覧

タイトルとURLをコピーしました