高校数学Ⅰ 三角比と図形の計量

中学生のとき、平面図形や空間図形の図形量(長さ・角度・面積・体積)などを求めるのに苦労した。三平方の定理などの非常に限られた知識しか持っておらず、後は思考力を元に試行錯誤して答えにたどり着く必要があったからである。

高校生になって三角比を学習すると、30°や45°といった有名角だけではなくあらゆる角度を統一的に扱えるようになり、平面図形や空間図形の計量が機械的にできるようになる。

当カテゴリでは、三角比の定義・性質やそれを用いた平面図形・空間図形の計量の問題パターンを網羅する。この分野は裏技的な知識も多いのでそれも取り上げる。裏技が記述試験で使えるかは場合によるが、難しいものではないので知識として持っておくことが推奨される。

数Ⅱでは三角比をさらに応用した三角関数を学習することになるので、数Ⅰの段階で理解を深めておいてほしい。


☆当カテゴリの印刷用pdfファイル販売中☆

当カテゴリ内記事一覧

タイトルとURLをコピーしました