高校数学Ⅲ 積分法の応用(面積・体積・長さ)

スポンサーリンク

図形の面積・体積・長さは積分計算によって求めることができる。

数Ⅱでも多少学習したが、非常に基本的なものに限られていた。数Ⅲではあらゆる関数が登場し、また単純な積分計算では済まない図形も登場する。

「微小部分を足し合わせる」という積分本来の考え方を理解して適切に公式を適用する、複雑な計算を素早く実行するといったことが要求されることになる。

当カテゴリでは、図形の面積・体積・長さに関するパターンを網羅する。根本的な考え方を習得した上で、問題集で多くの問題演習を行う必要がある。

当カテゴリは、以下の2点を前提としている。

  • 微分してグラフが描ける(そもそもグラフが描けないとどこの面積かが判断できない)
  • 積分計算ができる


☆当カテゴリの印刷用pdfファイル販売中☆

スポンサーリンク

当カテゴリ内記事一覧

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました