高校数学Ⅲ 分数関数・無理関数・逆関数・合成関数

前半は、1次分数関数と1次無理関数の基本を学習する。

これらは詳しく学習していないにも関わらず、数Ⅰのときから特に方程式・不等式でたまたま登場してきた。ここで改めて基本を学ぶことになる。

グラフを素早く描けるようにすることと、方程式・不等式を解くことが出来るようにすることが重要である。

後半は、逆関数と合成関数について学習する。一見単純だが、いろいろな落とし穴があるので
細かい部分にまで注意を払って学習する必要がある。

この分野の内容が単独の問題として出題されることは少ないが、2次記述試験で5割以上の出題率を誇る微分積分分野との融合問題としてよく出題されるので、きちんと理解しておいてほしい。

当カテゴリ内記事一覧

タイトルとURLをコピーしました