高校数学Ⅰ 2次関数(2次方程式と2次不等式)

当カテゴリでは、数Iの2次関数分野の中で、2次方程式・2次不等式に関するパターンを網羅する。

方程式・不等式と座標平面のグラフは、表裏一体の関係にある。つまり、方程式や不等式の問題をグラフを利用して図形的に考察することが可能であるし、また逆にグラフの問題を方程式・不等式の問題として考察することができる。

当カテゴリでは、2次方程式・2次不等式と2次関数のグラフの関係を利用した基本問題を確認していく。2次方程式・2次不等式は図形的にどんな意味をもつのかを常に意識しながら学習を進める必要がある。

最重要は「解の存在範囲」の問題である。解の配置問題とも呼ばれるこの問題は、2次関数分野の最頻出事項である。基本的なものから高難易度のものまで学習する。

当カテゴリ内記事一覧

タイトルとURLをコピーしました