unification

検索用コード
相互関係\ \bm{\sin^2\theta+\cos^2\theta=1}\ を用いると,\ \cos\theta\ のみの式にできる. \\ どうしようもできない1次の\cos\theta\ に合わせるわけである. \\ 結局\cos\theta\ の2次不等式となるので,\ 因数分解して解けばよい. \\[1zh] ここで,\ \bm{常に\ -1\leqq\cos\theta\leqq1}\ であるから,\ \bm{常に\}\ である. \\ よって,\ 直ちに\ であることがわかる. \\ \ と同様に,\ 一旦\ \ と解いてもよい. \\ しかし,\ 後から\ を不適とするよりも,\ 早い段階で排除すべきである. \\[1zh] の範囲で答えるのであるから,\ 2分割することになる. 1次の\sin\theta\ に合わせ,\ \cos^2\theta\ を\sin\theta\ で表す. \\ -1\leqq\sin\theta\leqq1\ より,\ \bm{\sin\theta=1\ も考慮する}必要があることに注意する. \\ もし,\ 問題の不等式に等号がなければ,\ となるから不適である. \\