数A 確率

基本的には、場合の数の比を計算するだけであるから、場合の数分野をしっかり学習していればそれほど手こずることはない。しかし、「同様に確からしい」等、場合の数分野とは異なるポイントには注意が必要である。

確率は最も実生活で役立つ分野といっても過言ではない。未来に起こりうる事象の割合である確率を勉強することは、予知能力を手に入れることにも等しい。元々、確率分野は「何とかして賭けに勝ちたい」という強い思いから始まった分野である。未来を予測することができれば、賭けでは非常に有利になる。人生には様々な分岐があり、どちらへ進むべきかを迷うことも多い。そんなとき、確率的思考ができる人とできない人では、どれだけ自分にとって有利な選択ができるかに差が生じてしまうのである。

当カテゴリでは、場合の数分野とは異なる確率分野特有の事柄や場合の数分野では取り上げなかったパターンや発想を中心に取り上げる。また、期待値が何故か新課程で排除されてしまったが、数学的にも現実的にも重要なので、ここで取り上げる(軽く)。


当カテゴリ内記事一覧

ページの先頭へ