分数式の重要変形①:繁分数式(分数の分数)の2つの変形方法

スポンサーリンク
compound-fraction
まず,\ 次の2つの違いを認識しておく.\ 横線の長さで区別される.} 単純に,\ {分数を(分子)(分母)という割り算と考えて変形する分母分子に同じ式を掛ける.  の考え方はわかりやすいが,\ わずかに遠回りになるため一般的ではない. できる限り,\ の方法を用いることが推奨される. }の方法は,\ 何を分母分子に掛けるかを見抜けるかが重要である. では,\ 分子にx,\ 分母にx+1を掛けるとそれぞれが整式になる. よって,\ 分母分子にx(x+1)を掛ければよいとわかる. は,\ どの段階で分母分子に掛けるかで2通りの手順がある. 通分する必要がなくなる本解のように計算することが推奨される. 場合によっては,\ 別解のように通分して整理してから計算するとわかりやすい.
タイトルとURLをコピーしました