検索用コード
ABCにおいて,\ AB=6,\ AC=5,\ \angle A=60\Deg\ とし,\ \angle Aの二等分}$ \\[.2zh] \hspace{.5zw}$\phantom{(1)}\ \mathRM{線と辺BCの交点をDとするとき,\ 線分ADの長さを求めよ.}$ \\\\ {\triangle ABCにおいて,\ AB=4,\ AC=5,\ BC=6\ とし,\ \angle Aの二等分線}$ \\[.2zh] {と辺BCの交点をDとするとき,\ 線分ADの長さを求めよ.}$ \\  基本2パターンおよび裏技公式を確認する. 頂角が60\Deg,\ 120\Deg}\ の場合}$ \\[.2zh] \phantom{ (1)} $\bm{\textcolor{red}{二等分線の長さをxとおき,\ 面積を2通りに表す.}}$ \\\\  (2)\ $\bm{\textcolor{magenta}{3辺の長さが判明}している場合}$ (\maru1の性質は数Aで学習) 角の二等分線と辺の比の関係\ \mathRM{AB:AC=BD:DC}}\ を用いる. に余弦定理を適用}し,\ \textcolor{red}{3辺の長さから\cos Bを求める.二等分線の長さ\mathRM{AD}を求める.余弦定理を適用三角形の頂角の二等分線の長さの裏技公式本解と同様