absolute-integral

検索用コード
まず,\ \textbf{\textcolor{magenta}{被積分関数を場合分けして絶対値を外す.}} \\  このとき,\ 場合分けに応じて\textbf{\textcolor{red}{積分区間も分割する}}ことになる. \\  また,\ \textbf{\textcolor{cyan}{面積と見なす}}と,\ 大幅に楽になることがあるので,\ 常に意識しておく. \\\\  なお,\ 次のようなことは\textbf{\textcolor{red}{できない}}ので注意して欲しい. \\[.2zh]  絶対値のまま積分 絶対値を外に出す等号は両方につけておく}  \phantom{(1)\ }$2つの三角形の部分の面積の和は,\ \textcolor{cyan}{1辺が1の正方形の面積}に等しい.$ \\[.5zh] 全体に絶対値が付いている関数のグラフは,\ x軸で折り返して図示するとよい. 定積分の計算で複数の分数が出てきた場合,\ 同じ分母のものをまとめて計算する. \\[.3zh] グラフは次を考慮して素早く図示する.\ 頂点を求める必要はない. \\ x^2-3x+2=(x-1)(x-2)=0\ より x軸との交点は x=1,\ 2 \\ 対称性より,\ \bm{左と右の部分の面積は等しいので,\ 一方を2倍}すればよい. \\ 中央部分は,\ \bm{2次関数と直線の間の面積}である. \\ よって,\ \textcolor{cyan}{\bunsuu16公式 \ を用いるとよい.