グラフにおいてx=1とy=1が逆になっているので注意してくださいm(_ _)m

logarithm-inequality-area

検索用コード
次の不等式を満たす点$(x,\ y)$の存在範囲を図示せよ. \\[.8zh]   {\normalsize [センター試験]} \  \textbf{\textcolor{blue}{対数不等式が表す領域図示の問題}}である. \\  \textbf{\textcolor{red}{同値変形}}によって,\ 簡潔な表現に変換し,\ それを図示すればよい. \\\\\\ 求める領域は上図の斜線部分.\ 境界線は含まない. とにかく最初に\bm{真数条件と底の条件を確認}.\ 異なる底があるので,\ xに統一する. \\ \bm{場合分けを避けるため,\ 2乗を両辺に掛ける}ことで同値変形を行う. \\ 3次不等式になるから,\ 3次関数のグラフを利用して図形的に解く. \\ \bm{底が1より小さいとき,\ 大小関係が逆転するため,\ 場合分けが必要になる.} \\ \bm{\maru1と\maru2を両方考慮しながら図示する.}\ かなり複雑なので,\ 慎重に図示しよう. \\ 先に,\ 境界線を図示する.\ 真数と底の条件からくる\ x=0,\ 1,\ y=0,\ 1\ を忘れない. \\ (1,\ 1)で交わることに注意.\ 境界線は含まないので,\ できれば斜線は離して描く.