補集合の利用「~でない」「少なくとも~」、サイコロの目の積が偶数・4の倍数

個人的メモ 「以外」→「意外」

大小2個のサイコロを投げるとき,\ 目の和が10以下になる場合は$ $何通りか.$ $大中小3個のサイコロを投げるとき,\ 目の積が偶数になる場合は何$ $通りか.$ $大中小3個のサイコロを投げるとき,\ 目の積が4の倍数になる場合$  直接求めることが大変な場合の数は,\ 総数から起こらない場合を引く. ${「(Aである)=(全体)-(Aでない)}」}$}  特に,\ 「少なくとも1つ~」の場合の数の問題では必須である. ${「(少なくとも1つはA)=(全体)-(全てAでない)}」}$}  $出る目の総数は 66=36\ (通り)$ { }$目の和が11}になる場合は (5,\ 6),\ (6,\ 5)の2通り}$ { }$目の和が12}になる場合は (6,\ 6)の1通り}$ $ 36-(2+1)}={33\ (通り)}$} 和が2~10になる場合より,\ 11,\ 12になる場合を数えるほうが明らかに速い. よって,\ 総数から目の和が11,\ 12になる場合を引く. 総数は積の法則で求まる. 一方のサイコロ6通りのおのおのに対して,\ 他方も6通りあるからである. 目の和が11になる場合と12になる場合は明らかに排反である. よって,\ 各場合をそれぞれ書き出して求め,\ 足せばよい(和の法則). これを総数から引けば,\ 目の和が10以下になる場合が求まる. 本問は,\ いざとなれば36通りを表で書き出せば求まる. 演習では,\ 楽な方法だけでなく,\ 直接的に泥臭く求めてみることも重要である. 複数の方法で求めることができるようにしておくと実戦で役立つ. 積が偶数になるのは,\ 少なくとも1つの目が偶数}になる場合である. { }$出る目の総数は 666=216\ (通り)$ { }$すべて奇数}の目が出る場合の数は 333=27}\ (通り)$ $ 216-27}={189\ (通り)}$} 「3つの積が偶数」は,\ {「少なくとも1つが偶数」}に言い換えることができる. よって,\ {総数から「すべてが奇数」の場合を引いて求める}ほうが楽である. 実際,\ 区別できる3つのサイコロの偶奇の組は,\ 次の8通りが考えられる. すべて奇数の{(奇,\ 奇,\ 奇)以外は積が偶数}であり,\ 明らかに引いたほうが速い. 1つのサイコロにつき,\ 奇数の目は1,\ 3,\ 5の3通りがある. 大サイコロ3通りの3通りのおのおのに対して,\ 中サイコロが3通りある. よって,\ 33=9通りで,\ さらにそのおのおのに対して小サイコロ3通りがある. ゆえに,\ すべて奇数の目が出る場合の数は,\ 333=27通りである. 直接的に,\ (奇,\ 奇,\ 奇)以外の7通りの偶奇の組をすべて求めてもよい. ここで,\ 偶数の目は2,\ 4,\ 6の3通りである. よって,\ 偶奇の組7通りはそれぞれが333=27通りある. {偶も奇も3通りあるから,\ 偶奇の組合わせによらず,\ 27通りずつになる}のである. それゆえ,\ 以外に簡単に求まる.  {277=189\ (通り)} 解答は簡潔に記述できるが,\ ここまでに至る思考過程は容易ではない. まず,\ 積が4の倍数となる条件を考える. {少なくとも1つが4}であれば,\ それだけで4の倍数が確定する. また,\ {少なくとも2つが偶数}であっても,\ 4の倍数となる. 「少なくとも~」があるから,\ {補集合の利用}が思い浮かぶ. {積が4の倍数でない場合の数}を求める. 「少なくとも1つが4」「少なくとも2つが偶数」を単純に否定してみる. 「すべて4でない」「偶数が0個か1個」となるが,\ これは{排反ではない.} 例えば,\ (1,\ 3,\ 5)は両方に当てはまる.\ {可能な限り排反に場合分けすべき}である. 場合の数では,\ {条件が強いものや特殊なものに着目して場合を分ける}とよい. また,\ 本問のように複雑になると,\ 一気に場合分けするのは難しい. 樹形図で順に枝分かれさせていったように,\ {段階を踏んで順に場合分け}していく. 本問では,\ 「すべて4でない(4は1つも駄目)」という4に関する強い条件がある. よって,\ 一旦{4の個数に着目して場合分け}する. つまり,\ 4を含む場合と含まない場合に分ける.\ これは排反な場合分けになる. 4を1つでも含む場合は,\ 条件「積が4の倍数でない」を満たさないので排除する. 以下,\ {4を1つも含まない場合}をさらに掘り下げて考える. 4以外の偶数2,\ 6が2つ以上あれば4の倍数になるから,\ これも排除する. 2段階の排反な場合分けにより,\ 積が4の倍数にならないのは次の場合とわかる. {「4を1つも含まない前提で,\ 偶数2,\ 6を含まない\ または\ 偶数2,\ 6が1つ」} 「4を含まず,\ 2,\ 6を含まない」は,\ 結局「すべてが奇数」である. 「4を含まず,\ 2,\ 6が1つ」は,\ 結局「2つが奇数で,\ 1つが2か6」である. 以上の場合分けは,\ 構造的には次のようになっている.\ すべて排反である. 4を1つ以上含む × 4を1つも含まない 2,\ 6がない(奇数3つ) ○ 2,\ 6が1つ(奇数2つ) ○ 2,\ 6が2つ以上(奇数1つ以下) × 一気に場合分けするのは難しいが,\ {2段階踏むことで排反な場合分けが可能になる.} これだけ思考してようやく計算に入ることができる.\ (奇,\ 奇,\ 奇)は27通りである. 「2つが奇数で,\ 1つが2か6」のときの場合の数を考える. (大,\ 中,\ 小)=(奇,\ 奇,\ 2か6)とすると,\ 332=18通りである. しかし,\ これで終わってはいけない.\ {3つのサイコロが区別できる}からである. よって,\ (奇,\ 2か6,\ 奇),\ (2か6,\ 奇,\ 奇)\ の場合も考慮する必要がある. 3つの組合せのいずれも18通りずつあるから,\ これを3倍して54通りと求まる. 直接的に求める(4の個数で場合分け) 直接求める場合も,\ {排反な場合分けがポイント}になる. 本解と同様の思考で,\ 一旦{4の個数で場合分け}することが思い浮かぶ. 「4が1個以上」または「偶数が2個以上」とすると排反にならないので注意する. 4が0個のとき,\ さらに2,\ 6の個数で場合分けすると,\ 排反な5つの場合になる. 直接的に求める(偶数の個数で場合分け2つが偶数で,\ 1つが奇数}の場合は 実は,\ 気付きさえすれば,\ {偶数の個数に着目する}のが最も楽である. 偶数3個,\ 偶数2個(奇数1個)ならば,\ 積が4の倍数になる. また,\ 偶数が1個であっても,\ その1個が4のときは,\ 積が4の倍数になる. この{3つの場合は排反}であるから,\ それぞれの場合を求めて足せばよい. 偶数2個(奇数1個)の場合は\  (偶,\ 偶,\ 奇),\ (偶,\ 奇,\ 偶),\ (奇,\ 偶,\ 偶)\ 1個が4で2個が奇数の場合は (4,\ 奇,\ 奇),\ (奇,\ 4,\ 奇),\ (奇,\ 奇,\ 4)
タイトルとURLをコピーしました