検索用コード
OAB}において,\ 頂点\mathRM{Bから辺OAに下ろした垂線の足をHとする}.$ \\[.5zh] \hspace{.5zw}$このとき,\ \bekutoru{OH}\ を\ \bekutoru{OA}=\bekutoru*a,\ \bekutoru{OB}=\bekutoru*b\ を用いて表せ.$ \\
正射影ベクトル(直交射影ベクトル)}}}} \\\\
下図において点Bの真上に光源をおいたとき,\ 辺OA上にできる辺OBの影はOHである. \\[.2zh] の向きをそろえてからその大きさを掛け合わせたものであった. \\[.4zh] それは,\ \zettaiti{\bekutoru*a}\times\zettaiti{\bekutoru{OH}}\,ということである.\ ここから\bm{正射影ベクトル\ \bekutoru{OH}\ の大きさ\zettaiti{\bekutoru{OH}}}が求まる. \\[.4zh] 後は,\ \bm{\bekutoru*a\,を一旦単位ベクトル(大きさが1のベクトル)\,\bunsuu{\bekutoru*a}{\zettaiti{\bekutoru*a}}\,にした後,\ 大きさ\zettaiti{\bekutoru{OH}}を掛ける.} \\[.8zh] \bunsuu{\bekutoru*a\cdot\bekutoru*b}{\zettaiti{\bekutoru*a}^2}\,の部分は単なる実数(スカラー量)であることに注意してほしい. \\[1.5zh] 本質的で容易に求めることができるため,\ 正射影ベクトルを導く方法はこれが一般的である.
垂直条件(内積が0)}}を利用する.
断りなく使えるかは状況次第だが,\ 公式として暗記しておくことを推奨する. \\