数B 空間ベクトルと空間図形

高校数学におけるベクトルの最大の利点は、「空間に強い」ことである。ベクトルは、高次元になっても式の形や条件が変わらない。よって、平面ベクトルの基本がしっかり習得できているならば、空間ベクトルの問題はほぼ同じように解くことができる。

一方で、平面と空間で異なるポイントもいくつか存在する。当然、試験で問われやすいのはその部分である。そうでなければ、わざわざ空間の問題にして問う意味がない。平面と空間で何が同じで何が違うのかに留意しながら学習を進めていくことになるだろう。

当カテゴリでは、平面ベクトルの最低限の基本が出来ていることを前提として、空間ベクトル特有の問題を中心に扱うことにする。


当カテゴリ内記事一覧

ページの先頭へ