高校数学Ⅱ 図形と方程式(直線)

スポンサーリンク

図形と方程式は、図形を座標平面上で扱う分野である。

座標平面自体は中学生のときから慣れ親しんできたものである。中学数学での座標平面はグラフ中心であったが、高校では平面図形との融合を目指す。

平面図形の問題を座標平面で考えることにより、ひらめきがなくとも機械的な計算で解くことが可能になる点が重要である。

当カテゴリでは、主に直線の方程式に関するパターン問題を網羅する。円、軌跡と領域、逆像法に関してはそれぞれ別カテゴリで取り上げる。

スポンサーリンク

当カテゴリ内記事一覧

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました