きちんと学習を進めている人であれば、基本的な解の存在範囲の問題は、容易に解けるようになっていることだろう。しかし、最終形態とも呼ぶべきパターンが存在する。要点を押さえていればやることは難しくはないが、経験なしでいきなり出題されると正答に至るのは難しい。このパターンが単独で出題されることは少ないが、応用問題を解く途中でこの問題に帰着することが多々ある。特に難関大学を目指す人にとっては要注意である。

ここでは、複数の解法を紹介する。他のパターンと類似する最も基本的な解法はもちろんのこと、「定数分離」の有用性について認識しておいて欲しい。場合によるが、容易に図示できる場合は、定数分離で解くのが実戦的で安全である。

solution-range3-1solution-range3-2solution-range3-3

検索用コード