気体の状態変化(定圧変化・定積変化・等温変化・断熱変化)

気体の状態変化の問題では,\ 基本的には次を用いて解くことになる. { ボイル・シャルルの法則\ {pV}{T}=(一定) 熱力学第一法則\ Q_{in=Δ U+W_{out その変化特有の関係 各変化ごとに,\ 結局これらがどのような式になるかをおさえておけばよい. 断熱変化におけるポアソンの法則は,\ 普通は問題で与えられた場合にのみ使用する. 単原子分子ならば,\ 定積モル比熱C_v=32R,定圧モル比熱C_p=52R\ であるから,\ γ=53\ である. マイヤーの関係C_p=C_v+RよりC_p>C_vである. よって,\ γ>1であり,\ {断熱変化の曲線の傾きは等温変化よりも急になる.}
タイトルとURLをコピーしました