検索用コード
物質の三態}}  物質がとる\textbf{\textcolor{red}{気体・液体・固体}}の3つの状態. \\\\
\textbf{\textcolor{blue}{潜熱}}  \textbf{\textcolor{red}{状態変化に伴って出入りする熱.}}\ 融解熱と蒸発熱など. \\[.2zh] 状態変化の間は\textbf{\textcolor{magenta}{物質の温度が一定に保たれる.}} \\[.2zh] 加えた熱エネルギーが温度上昇ではなく状態変化のみに使われるからである.加熱時間温度融点}}\,\ \ \ 0]{}
{沸点}}\,100]{}
{融解}}}
(融解熱)}}}
{沸騰}}}
蒸発熱)
下図は$-\,20$℃の氷200\,gに毎秒300\,Jで熱を加えたときの温度変化である. \\[1zh] \hspace{.5zw} (1)\ \ 氷,\ 水,\ 水蒸気の比熱$c_1,\ c_2,\ c_3$\,[J/(g$\,・\,$K)]を求めよ. \\[.8zh] \hspace{.5zw} (2)\ \ 融解熱$L_1$\,[J/g]を求めよ. \\[.8zh] \hspace{.5zw} (3)\ \ 蒸発熱$L_2$\,[J/g]を求めよ. \\\\[.5zh] (1)\ \ 氷の比熱を求めるには,\ 氷のみの状態である最初から28秒間の熱量保存を考えればよい. \\[.2zh] \phantom{(1)}\ \ 1秒当たり300\,\text{J}の熱を28秒間加えて200\,\text{g}の氷が20℃上昇した. \\[.2zh] \phantom{(1)}\ \ よって,\ 加えた熱量の合計は300\times28,\ 氷が得た熱量はQ=mc\Delta t=200\times c_1\times20\,である. \\[.2zh] \phantom{(1)}\ \ 同様に,\ c_2\,は248~528,\ c_3\,は2048~2076の熱量保存を立式する. \\[1zh] (2)\ \ 温度上昇がない28~248に得た熱量が融解熱(氷が水に変化するのに使われた熱)である. \\[.2zh] \phantom{(1)}\ \ 1\,\text{g}あたりにするために200\,\text{g}で割ると\,\text{J/g}が求められる.