(1)~(3)の式は、一見すると何の共通点もないように見える。しかし、全く同じ手順で因数分解できるのだ。高校生になって早い時期に学ぶこの因数分解パターンからは、「数学をする」ということの一端を垣間見ることができる。「一見して関連性がないと思われる事実の奥深くに潜む一般性や法則を見出す」こと、これが「数学をする」ということの1つである。

multivariable-factorization

検索用コード