微分方程式は高校数学では発展扱いですが、大学入試では変数分離形は誘導なしで出題されうると考えておいたほうがよいです。

検索用コード