シャルルの法則の説明欄に「物質量と温度が一定ならば」とありますが、「物質量と圧力が一定ならば」の誤りですm(_ _)m

boyle-charles-law

検索用コード
気体の物質量(分子数)と温度が一定}}のとき \\[.3zh] 物質量と温度が一定ならば\bm{圧力と体積は反比例}する.\ 例えば,\ 圧力を\,\bunsuu12\,にすると体積は2倍になる. \\[.2zh] PV=k\,(一定)と表されることもあるが,\ P_1V_1=P_2V_2\ と認識しておく方が実用的である. \\[.2zh] つまり,\ \bm{(最初の圧力)\times(最初の体積)=(最後の圧力)\times(最後の体積)}\ である. \\[.2zh] なお,\ \bm{高温になるほどグラフは右上に移動}する(同じ圧力ならば高温の方が体積が大きい). \\[.2zh] また,\ 圧力(\text{Pressure}),\ 体積(\text{Volume})である. 気体の物質量(分子数)と圧力が一定}}のとき  \\[.3zh] 物質量と温度が一定ならば\bm{体積と温度は比例}する.\ 例えば,\ 体積を2倍にすると温度も2倍になる. \\[.2zh] ただし,\ Tは摂氏温度[℃]ではなく,\ それに273を足した\bm{絶対温度[\textbf{K}]}であることに注意. \\[.2zh] \bunsuu VT=k\,(一定)と表されることもあるが,\ \bunsuu{V_1}{T_1}=\bunsuu{V_2}{T_2}\ と認識しておく方が実用的である. \\[.5zh] つまり,\ \bm{\bunsuu{(最初の体積)}{(最初の温度)}=\bunsuu{(最後の体積)}{(最後の温度)}}\ である. \\[.8zh] なお,\ \bm{高圧になるほどグラフは右下に移動}する(同じ温度ならば高圧の方が体積が小さい). \\[.2zh] また,\ 温度(\text{Temperature})である. 気体の物質量(分子数)一定}} ボイルの法則とシャルルの法則を合体させて得られる. \\[.2zh] \bm{実用上はボイル・シャルルの法則を覚えておき,\ 変化しないものを無視して適用する}とよい. \\[.2zh] 例えば,\ 体積が一定ならばVを無視して\ \bunsuu{P_1}{T_1}=\bunsuu{P_2}{T_2}\ とできる. \end{array}}\right]$}} \\\\\\\\\\ 3.0\times10^5$\,Paで10\,Lの気体を温度一定で15\,Lにすると圧力は何Paになるか. \\[1zh] \hspace{.5zw}(2)\ \ 27℃で15\,Lの気体を圧力一定で127℃にすると体積は何Lになるか. \\[1zh] \hspace{.5zw}(3)\ \ $1.2\times10^5$\,Pa,\ 10\,L,\ 27℃の気体を$2.0\times10^5$\,Pa,\ 20\,Lにすると温度は何℃になるか. \\ (1)\ \ 温度一定であるからボイルの法則を適用する. \\[.2zh] (2)\ \ 圧力一定であるからシャルルの法則を適用する.\ \bm{摂氏温度を絶対温度に変換する}のを忘れない. \\[.2zh] (3)\ \ いずれも一定とはいえないからボイル・シャルルの法則を適用する.