理論化学(物質の状態)

物質の三態(気体・液体・固体)の変化や気体や液体の状態において成立する化学法則などを学習する。

最も苦手とする人が多い分野かもしれない。主に計算問題が出題されるが、単に丸暗記した公式にあてはめればよいというものではなく、どのような現象が起きているかをイメージし、適切に公式を使いこなす必要がある。さもなくば、液体に対して気体の状態方程式を適用するなどといった間違いを犯すことになる。各法則をきっちりと理解し、どういう条件のときにどの法則が適用できるのかという使い方を習得しておかなければ試験で点をとることができない(そのように問題が作成されている)。

様々な法則が出てくるが、結局は比の計算であることにも着目しておいてほしい。

内容はセンター試験+アルファである。



印刷することを想定し、当カテゴリをまとめ直したpdfファイルを販売しております。




当カテゴリ内記事一覧

ページの先頭へ