steric-structure

検索用コード
炭素原子\ce{C}を中心とした分子の立体構造}} \\[.5zh] すべて\textcolor{cyan}{単結合}{二重結合}1個} 三重結合}1個} \\ \hline \textbf{\ce{C}を中心とした\正四面体}}}を中心とした\textcolor{red}{正三角形}C}を中心とした\textcolor{red}{直線}}二重結合\ce{C=C}とそれに結合する4個の原子(計6個)まで}}\,は\,\textbf{\textcolor{red}{同一平面上}}にある三重結合\ce{C}$\equiv$\ce{C}とそれに結合する2個の原子(計4個)まで}}\,は\{同一直線上}}にある炭素原子間の結合距離}単結合\ ベンゼン環\parbox[c]{2zw}{\bzdrv{}}の炭素間結合\ \ 二重結合\ \ 三重結合}$ 共有電子対や非共有電子対に含まれる電子は負電荷を帯びている. \\[.2zh] 互いに反発し合ってできる限り離れようとするため,\ \underline{必然的に}このような立体構造になる. \\ [.2zh] 例えば,\ すべて単結合であれば,\ 4方向の電子対が互いに最も離れた位置をとろうとする. \\[.2zh] そのため,\ \ce{C}原子を中心とした正四面体構造となる(\ce{CH4}\,ならば結合のなす角はすべて109.5\Deg). \\[.2zh] よって,\ 構造式が\ce{C-C-C-C-C-C}ならば,\ 実際には下のような\bm{折れ線の立体構造}となっている. \ \maru1の最も簡単な例は,\ エチレン\ \ce{C2H4}\,(\ce{CH2=CH2})\ である(全ての原子が同一平面上). \\[.2zh] \maru2の最も簡単な例は,\ アセチレン\ \ce{C2H2}\,(\ce{CH#CH})\ である(全ての原子が同一直線上). \\[.2zh] \ce{C=C},\ \ce{C#C}を含む6個・4個の原子以外は同一平面上・同一直線上にあるとは限らない. \\[.2zh] \ce{CH2=CH-CH3}\ なら,\ \ce{CH2=CH-C}まで(計6個)が同一平面上にあるが,\ \ce{H3}\,は同一平面上にはない. \\[1zh] \bm{結合数が多いほど原子が強く結びつき,\ 原子間距離が短くなる.}\ ベンゼン環は1.5重結合と考える.