nomenclature-organic-compounds

検索用コード
炭化水素の名称}}アルカンの名称(暗記)を基本}}とし, アルケン・アルキン・アルキル基は\textbf{\textcolor{red}{語尾を変える}}. \\[.5zh] アルカン (語尾 aneアン アルケン (語尾eneエン}アルキン (語尾 -\yne}{{\footnotesize イン}アルキル基 (語尾 イルCH4}}} {メタン}} \ce{CH3 メチル基 \\ e{C2H6}}{エタン}} \ce{C2H4} エテン \ce{C2H2} エチンC2H5 -} エチル基 \\ C3H8}}} プロパン}} \ce{C3H6} プロペン {C3H4} プロピン C3H7 -} プロピル基 \\ {C4H_{10}}}}{ブタン}} \ce{C4H8} ブテン C4H6} ブチン \ce{C4H9 -} ブチル基 \\ C5H_{12}{ペンタン}} \ce{C5H_{10}} ペンテン \ce{C5H8}ペンチン \ce{C5H11 -} ペンチル基 \\ C6H_{14}{ヘキサン}} ce{C6H_{12}}ヘキセン C6H_{10}} ヘキシン \ce{C6H13 -} ヘキシル基 \\ C7H_{16}{ヘプタン}} \ce{C7H_{14}} ヘプテン{C7H_{12}} ヘプチン C6H13 -} ヘプチル基 \ 有機化合物の名称は,\ 単結合からなるアルカンの名称が基準となる. \\[.2zh] このアルカンの名称と語尾の規則さえ覚えておけば,\ アルケンなどの名称は推定できる. \\[.2zh] 例えば,\ \ce{C2H6}\,(エタン)さえ覚えておけば,\ 炭素数が同じアルケンなどは語尾を変えれば済む. \\[.2zh]  \rei\ \ \ce{C2H6}\,(エタ_{ア}ン)\ce{C2H4}\ (エテ_{エ}ン), \ce{C2H2}\,(エチ_{イ}ン), \ce{C2H5 -}\,(エチ_{イ}ル基) \\[1zh] 次の化合物は慣用名で呼ばれることが多い. \\[.2zh] \ce{C2H4}\,(エテン\,→\,\bm{エチレン})  \ce{C3H6}\,(プロペン\,→\,\bm{プロピレン})  \ce{C2H2}\,(エチン\,→\,\bm{アセチレン}) \\[1zh] アルカンの続きは \ce{C8H18}\ (オクタン), \ce{C9H20}\ (ノナン), \ce{C10H22}\ (デカン) \\[.2zh] また,\ アルキル基はアルカン分子から\ce{H}原子を1個除いた原子団である. \\ 側鎖のある分子}} \\[.5zh]   \textbf{\textcolor{red}{最も長い炭素鎖(主鎖)を基準}}とし, その前に\textbf{\textcolor{cyan}{側鎖の位置・\textcolor{magenta}{数}・名称}}をつける. \\[.2zh]   \textbf{数詞  1:\textcolor{magenta}{モノ} 2:\textcolor{magenta}{ジ} 3:\textcolor{magenta}{トリ} 4:\textcolor{magenta}{テトラ} 5:\textcolor{magenta}{ペンタ} 6:\textcolor{magenta}{ヘキサ}} \\[.5zh]       \textbf{\textcolor{cyan}{○} \textcolor{cyan}{2,\ 3\ –\ \textcolor{magenta}{\.{ジ}}メチル}\textcolor{red}{ペンタン}} \\[.2zh] × 3,\ 4-ジメチルペンタン 二重結合・三重結合のある分子}} \ce{C}の位置を表す番号}}を付ける. \\[.5zh]     \textcolor{cyan}{3\ –\ メチル}\ –\ \textcolor[named]{ForestGreen}{1\ –}\ \textcolor{red}{ブテン}} \\[.2zh] × 2-メチル-3-ブテン 構造式と名称の相互変換が自在に行えなければならない. \\[.2zh] つまり,\ 構造式を見て名前が言え,\ 逆に名前を見て構造式が書けなければならない. \\[1zh] \bm{側鎖の位置番号はできるだけ小さく}なるようにつける. \\[.2zh] そのために,\ 上の例では炭素を左から数えることになる. \\[.2zh] 二重・三重結合と側鎖が混在する場合,\ \bm{二重・三重結合の位置番号を小さくすることを優先}する. \\[.2zh] よって,\ 下の例では炭素を右から数える必要がある.