structural-formula

検索用コード
構造式・示性式・分子式・組成式}}  \rei\ \ 酢酸 \\[.5zh] 構造式}} 原子間の結合を\textcolor{cyan}{価標}}を使って表した式 \textbf{\textcolor{blue}{示性式}} 分子式から\textbf{\textcolor{red}{官能基}を明示}して示した式. \textcolor{red}{\ce{COOH}} \\ \hline \textbf{\textcolor{blue}{分子式}} 原子の個数}}を表した式(アルファベット順).{C2H4O2} \\ \hline \textbf{\textcolor{blue}{組成式}} 原子数の比を最も簡単な\textcolor{cyan}{整数比}}で表した式.\ce{CH2O} \\ \hline \示性式でも\underline{炭素間}の二重結合と三重結合の価標は省略しない.} \\[.2zh]   \rei\ \ エチレン \ce{CH2=CH2}   アセチレン \ce{CH#CH} \\[.2zh] あえて価標を使ってよりわかりやすくすることも多い.  \rei\ \ \ce{CH3-COOH} 構造式と示性式の相互変換}}   3–メチル–1–ブテン \\[.5zh] C-H}の価標を省略}} 枝分かれを( )で表す}}}{同じ部分をまとめて表す}} \\ \hline 常に全ての価標を書くのは面倒な上,\ 逆に構造の本質がとらえにくくなる. \\[.2zh] そこで,\ 簡略構造式(左)がよく使われる.\ これと示性式(中,\ 右)を相互変換できるかが重要である. \\[.2zh] つまり,\ 左の構造式を見て,\ 真ん中や右のような示性式が書けなければならない. \\[.2zh] 逆に,\ 真ん中や右の示性式を見て,\ 左の構造式が書けなければならない. \\[.2zh] 一部を反対向きに表現することも多い.  \rei\ \ \ce{CH3-CH3}\ \ \Longleftrightarrow\ \ \ce{H3C-CH3}\ \ (\ce{C}と\ce{C}の結合を強調) \\[.2zh] 問題文で指定されていればそれに従うこと. 官能基の表現法}} \\ [-.5zh]   \maru1 \textbf{決められた形で表す.}  \rei\ \ アルデヒド基 ○\ \ce{- CHO}}} \\ ×\ \ce{- COH} エステル結合・アミド結合の反対向きの表現}}\,は\,\textbf{\textcolor{red}{要注意!}} \\  \ce{- COO -}}} \\ (\textbf{\textcolor{cyan}{\ce{- CO – O -}}}) ○\ \ce{- OCO -}}}\ (\textbf{\textcolor{cyan}{\ce{- O – CO -}}}) \\ ×\ \ce{- OOC -} {- CONH -}}} \\ (\textbf{\textcolor{cyan}{\ce{- CO – NH -}}}) ○\ \ce{- NHCO -}}}\ (\textbf{\textcolor{cyan}{\ce{- NH – CO -}}}) \\ ×\ \ce{- HNOC -} 代表的な官能基}} \\[.5zh] 官能基 構造式 \ 一般名  性質 \ヒドロキシ基}}}\ce{- OH アルコール 中性 \\ フェノール類弱酸性} アルデヒド基}}- CHO}}アルデヒド 還元性} \\ \hline \textbf{\textcolor{blue}{ケトン基}} – CO -}}} ケトン 中性 \\ \hline \textbf{\textcolor{blue}{カルボキシ基}}COOH}}} カルボン酸 \textcolor{magenta}{弱酸性} \\ \hline \textbf{\textcolor{blue}{エーテル結合}}- O -}}} エーテル 中性 \\ \hline \textbf{\textcolor{blue}{エステル結合}} COO -}}} エステル ニトロ基}} NO2}}} & ニトロ化合物 & \textbf{\textcolor{blue}{アミノ基}}NH2}}} アミン弱塩基性} \\ \hline \textbf{\textcolor{blue}{スルホ基}}- SO3H}}} スルホン酸 {強酸性} \\ \hline \textbf{\textcolor{blue}{アミド結合}} CONH -}}} アミド \textbf{\textcolor{blue}{アゾ基}}{- N = N -}}} アゾ化合物 官能基は一気に覚えずとも,\ 出てくるたびに嫌でも覚えていく. \\[.2zh] アルデヒド基とケトン基の\ce{- CO -}をまとめてカルボニル基ともいう. \\[.2zh] また,\ アルデヒドとケトンをまとめてカルボニル化合物という.