1回目の還元剤の半反応式でH2Oとなっていますが、2H2Oの誤りですm(_ _)m

iodometric-titration2

検索用コード
0.10\,mol/L\,のヨウ素溶液50\,mL\,に二酸化硫黄を完全に吸収させた.\ この溶液中に残っ \\[.2zh] \hspace{.5zw}たヨウ素をデンプンを指示薬として0.050\,mol/L\,のチオ硫酸ナトリウム水溶液で滴定 \\[.2zh] \hspace{.5zw}したところ,\ 20\,mL\,を加えたときに溶液の色が消えた.\ 吸収させた二酸化硫黄の物質量 \\[.2zh] 酸化剤の物質量(mol)}還元剤の物質量(mol)}  二酸化硫黄の物質量を$x$\,[mol]\,とする. \ \bm{還元剤\ce{SO2}\,を過剰の酸化剤\text{\textbf{I}}_{\ce{2}}\,に吸収させ,\ 余った\text{\textbf{I}}_{\ce{2}}\,を\ce{Na2S2O3}\,で滴定する.} \\[.2zh] これで\ce{SO2}\,の物質量が逆算できる.\ 中和における\bm{逆滴定}と同じ考え方である. \\[1zh] 1回目の酸化還元反応の半反応式とイオン反応式は次のようになる. \\[.2zh] 酸化剤 \text{I}_{\ce{2}} + \ce{2e- 2}\text{I}^- \\[.2zh] 還元剤 \ce{SO2 + H2O SO4^2- + 4H+ + 2e-} \end{cases}\ \ \ce{SO2} + \text{I}_{\ce{2}} + \ce{2H2O SO4^2- + 4H+ + 2}\text{I}^- \\\\[-1zh] この反応で余ったヨウ素をチオ硫酸ナトリウムで滴定する. \\[1zh] 2回目の酸化還元反応の半反応式とイオン反応式は次のようになる. \\[.2zh] 酸化剤 \text{I}_{\ce{2}} + \ce{2e- 2}\text{I}^- \\[.2zh] 還元剤 \ce{2S2O3^2- S4O6^2- + 2e-}  \text{I}_{\ce{2}} + \ce{2S2O3^2- 2}\text{I}^- + \ce{S4O6^2-} \\\\ 計算は,\ \bm{(酸化剤が受け取る\ce{e-}\,の物質量)=(還元剤が放出する\ce{e-}\,の物質量)}\ を立式する. \\[.2zh] このとき,\ 酸化剤と還元剤の価数に注意しなければならない. \\[.2zh] 半反応式より,\ \bm{ヨウ素は2価の酸化剤,\ 二酸化硫黄は2価の還元剤}である. \\[.2zh] また,\ 2\,\text{mol}\,の\ce{S2O3^2-}\,から2\,\text{mol}\,の\ce{e-}\,が出るから,\ \bm{チオ硫酸ナトリウムは1価の還元剤}である. \\[1zh] ヨウ素溶液とは,\ ヨウ化カリウム\ce{K}\text{I}水溶液にヨウ素\text{I}_{\ce{2}}\,を溶かし込んだ溶液である. \\[.2zh] ヨウ素は無極性分子で極性溶媒の水には溶けにくいが,\ \ce{K}\text{I}\,水溶液には溶けやすい性質をもつ. \\[.2zh] このように,\ \bm{酸化剤のヨウ素\text{\textbf{I}}_{\ce{2}}\,を用いて還元剤を定量}するのが\bm{ヨウ素酸化滴定}である.