ハロゲン(17族)の化合物(フッ化水素、塩化水素、次亜塩素酸)

スポンサーリンク
halogenation
フッ化水素{HF}   実験的製法} 蛍石(フッ化カルシウム)に濃}硫酸を加えて\加熱する.          CaF2 + 濃 H₂SO₄ 加熱}] CaSO₄ + 2}{HF ^$} 揮発性酸の遊離}) [1zh]   性質}水素結合するため,唯一の弱酸} (← 電離しにくいから})で, {沸点が異常に高い.      ガラス(主成分:{SiO₂})を溶かすため, \ポリエチレン容器}に保存}する.         ${SiO₂ + 6HFヘキサフルオロケイ酸}H₂SiF6}-1.7zh}+{2H₂O}$錯イオン形成反応} 沸点(℃) 常温 液性 水溶液の名称 臭い 毒性 {HF} \ 20 最高 気体 }{弱酸 フッ化水素酸 刺激臭} 有毒} {HCl$-85$ 最低} 強酸 塩酸 {HBr}強酸 臭化水素酸 強酸 ヨウ化水素酸 性質{H}(2.1)と{F}(4.0)は{電気陰性度(共有電子対を引きつける強さ)の差が大きい.}    よって,\ 分子内に大きな電荷の偏り({極性})が生じる. (δ +)\ {H-F}\ (δ -)    すると,\ 分子間にも{H}と{F}の間に静電気的引力が発生する.\ これを{水素結合}という.     {H-F}{H-F}{H-F} ( が水素結合)    水素結合(分子間力の約10倍の強さ)により,\ ハロゲン化水素の中で{HF}のみが特異である.    {分子量が大きいほど分子間力が大きくなる}から,\ 結局{HCl}の沸点が最も低くなる. 性質ヘキサフルオロケイ酸イオン\ {[SiF6]²-}\ という錯イオン形成反応である.    なお,\ {H₂SiF6}が生成するのは,\ {HF}が液体の場合である.    気体の場合は{四フッ化ケイ素が生成}する. {SiO₂ + 4HF\ (気) SiF4 ^ + 2H₂O}    これらの反応式は,\ 特殊なものと考えて丸暗記するしかない. 塩化水素{HCl}   実験的製法} 塩化ナトリウムに{濃}硫酸を加えて加熱するNaCl + 濃 H₂SO₄[][加熱}] NaHSO₄}+{HCl ^$}{揮発性酸の遊離})   工業的製法} 水素と塩素を直接化合}させる.  {H₂ + Cl₂ – 2HCl}   性質} アンモニアに触れると白煙を生成する. ${NH₃ + HCl {NH₄Cl$\ (白煙})(中和} {HF}の反応では{CaSO₄}\ まで進行するが,\ {HCl}の反応では{NaHSO₄}\ までしか進行しない. これは,\ 酸の強さが\ {H₂SO₄}(第1電離{HCl}{HSO₄-}(第2電離){HF}\ であることに起因する. より電離しやすい{HCl}が存在している(電離していない)ので,\ {HSO₄-}\ も電離しないはずである. }]$  次亜塩素酸{HClO}   $塩素は水に少し溶けて,\ 塩酸と次亜塩素酸が発生. {Cl₂ + H₂O HCl}+{HClO$   $強力な酸化剤であり,\ 漂白・殺菌作用をもつ.$
タイトルとURLをコピーしました