気体の発生装置、キップの装置の仕組み

スポンサーリンク
gas-generator
固体}と液体}(加熱なし).固体}と液体}を加熱}.\ \Put{(-2,-2.3)}[s]{ ふたまた試験管 \Put{(1.65,-2.3)}[s]{ 三角フラスコ {丸底 \Put{(0.3,-0.5)}[sw]{ フラスコ {ふたまた試験管}:反応後,\ 液体を右側の試験管に戻すと,\ 固体は突起部分で止まる. なお,\ 気体の発生を途中で止めることができなくなるため,\ 液体同士を反応させることはない. 固体混合物}を加熱}. ップの装置} キップの装置} 粒状の固体}と液体}から無加熱で気体を発生させ, 必要に応じて取り出せる.} キップの装置の原理が次である. {液体を加えていって固体と接触すると,\ 反応して気体が発生する.} {コックを閉じても気体が発生し続けるが,\ その気体による圧力で液面が押し下げられていく.} {液体と固体の接触がなくなると,\ 気体の発生が止まる.}

タイトルとURLをコピーしました