酸と塩基の中和反応

neutralization
アレニウスによる酸・塩基の定義 酸}  水に溶けて{H^+}を出す物質} HCl},\ {H₂SO₄},\ CH₃COOH {塩基} 水に溶けて{OH^-}を出す物質} NaOH},\ {Ca(OH)₂},\ NH₃ 中和反応}  ${酸}+塩基}\ 塩}+水$ HCl+{NaOH\ NaCl+H₂O}$ ${H₂SO₄+{2}{NaOH{Na2SO₄+{2}H₂O}$ $CH₃COOH}+{NaOH\ {CH₃COONa+H₂O}$ ${HCl+NH₃}{NH₄Cl$ 塩基がアンモニアNH₃である中和反応はやや特殊である.  NH₃は水溶液中で,\ {NH₃ + H₂O NH₄^+ + OH^-}\ のように電離して塩基性を示す.  そこで,\ アンモニアは一旦水を加えて塩基{NH₄OH}と考え,\ 後で水を取り除く.   塩酸とアンモニア水の中和反応 {H+ Cl- + NH₄+ OH- NH₄Cl + H₂O    両辺からH₂Oを除く}と    {HCl + NH₃ NH₄Clアンモニアの中和反応では,\ アンモニウムイオン{NH₄+}の塩のみができる.   硫酸とアンモニア水の中和反応 {H₂SO₄ + 2NH₃ -(NH₄)2SO₄} 中学で学習した最も基本的な反応原理であり,\ イオン反応式\ {H+ + OH- H₂O}\ が根幹をなす. 酸と塩基をそれぞれ陽イオンと陰イオンに分け,\ 別のイオンと組み合わせればよい.  {H+ Cl- + Na+ OH- Na+ Cl- + H₂O} 結局,\ {酸の陰イオンと塩基の陽イオンが結びつく}ことになり,\ これを{塩}という. 塩基と塩の違いに注意して欲しい.\ これらは全く別物である. 重要なのは,\ {反応前の物質が与えられただけで,\ 化学反応式を自分で作成できること}である.  →i{HCl}と{Zn(OH)₂}\ を混ぜると? まず,\ {与えられた反応前の各物質の特性は何かを考える}必要がある. さらに,\ {物質がその特性を持っているとき,\ どういう反応が起こるかを原理から考える.} {HCl}は酸,\ {Zn(OH)₂}\ は塩基であるから,\ それらを混ぜると中和して水ができるはずである. よって,\ {2HCl + Zn(OH)₂ ZnCl₂ + 2H₂O}\ のような化学反応式を作成できる. 今まで何も考えずに適当にイオンを組み合わせていただけの人は反省して欲しい. 中和反応なら何とかなっても,\ 他のより複雑な原理に基づく化学反応式を作成することは難しい. {塩から逆に反応前の酸と塩基を推定する}ことも重要である. {NaCl}は,\ 陽イオン{Na+}に{OH-}を結びつけて,\ 塩基{NaOH}からできた塩であるとわかる. 同様に,\ 陰イオン{Cl-}に{H+}を結びつけて,\ 酸{HCl}からできた塩であるとわかる.
タイトルとURLをコピーしました