沈殿生成反応

スポンサーリンク

どの陽イオンとどの陰イオンの組合せが沈殿するかは後に以下で学習する。

precipitation
BaCl₂と{H₂SO₄の反応を考える.  両者を混ぜると,\ 水溶液中には\ {Ba²+},\ {Cl-},\ {H+},\ {SO₄²-}\ が混在することになる.  すると,\ 4種の化合物\ BaCl₂},\ {BaSO₄},\ {HCl},\ {H₂SO₄}\ が生成される可能性が考えられる.  このうち,\ {BaSO₄}\ のみイオン結晶が沈殿する.  沈殿することで,\BaSO₄}\ が反応系から除外されることになる.  すると,\ BaSO₄}\ を増やそうとする方向に反応が進行する(ルシャトリエの原理).  よって,\ BaCl₂ + H₂SO₄ 2HCl + BaSO₄ v} のような反応が起こることになる.  この反応の根幹は\ {Ba²+ + SO₄²- BaSO₄ v} である陽イオン}+陰イオン}\ 沈殿 {v}$}    $CuSO₄ + 2NaOH Na2SO₄} + {Cu(OH)₂ v$ (${Cu²+ + {2}{OH^- \ {Cu(OH)₂ v$)    ${Pb(NO₃)2 + H₂S 2HNO₃} + {PbS v$   (${Pb²+ + {S²- \ {PbS v$)    ${2AgNO₃ + 2NaOH 2NaNO₃} + {Ag2O v + H₂O$ 沈殿生成反応は,\ 原理自体は非常にわかりやすい. しかし,\ {どの陽イオンとどの陰イオンの組合せが沈殿するかは完全に暗記}である. これは,\ 無機化学(金属元素)で学習することになるので,\ ここでは詳細を取り上げない. 3例目は,\ 単純に考えると\ {AgOH}\ となるはずである. しかし,\ AgOH}や{Hg(OH)₂}\ は不安定なので,\ 直ちに酸化物と水に分解される}(暗記). {2AgOH -Ag2O + H₂O}, {Hg(OH)₂ HgO + H₂O} [(酸化物+水水酸化物)の逆反応]
タイトルとURLをコピーしました