酸化物の分類、酸化物の中和反応

スポンサーリンク
oxide-water-neutralization
非金属}の酸化物 酸性}酸化物NO₂},\ CO₂,\ {SO₃},\ {SO₂  金属}の酸化物 塩基性}酸化物{Na2O},\ {K2O},\ {CaO},\ {BaO 塩基性酸化物}+酸}\ 塩}+水}CaO+{2}{HCl\CaCl₂+H₂O}$ ${Na2O+{H₂SO₄\Na2SO₄+H₂O}{酸性酸化物}+塩基}\ 塩}+水$} CO₂+{Ca(OH)₂{CaCO₃+H₂O}$ ${SiO₂+{2}{NaOH\ {Na2SiO3+H₂O}酸性酸化物}+塩基性酸化物}\ 塩}{CO₂}+{CaO\ {CaCO₃$ 塩基性酸化物,\ 酸性酸化物は,\ それぞれ酸,\ 塩基と中和反応する. また,\ 酸性酸化物と塩基性酸化物も中和反応する.\ ただし,\ この場合は{水は生じない.} これらは,\ 次のような段階を踏んで反応したと考えることができるが,\ 実際には一発で作ればよい. {CaO}と{HCl}の中和反応  lll} {CaO} + H₂O} } {Ca(OH)₂塩基性酸化物+水}水酸化物) Ca(OH)₂ + {2HCl CaCl₂} + {2H₂O(塩基である{Ca(OH)₂}\ が酸{HCl}と中和反応) CaO + 2HCl CaCl₂ + H₂O} CO₂と{Ca(OH)₂}の中和反応 \ CO₂ + H₂O} {H₂CO₃ (酸性酸化物+水オキソ酸) ce{H₂CO₃ + {Ca(OH)₂ CaCO₃} + {2H₂O (酸である{H₂CO₃}\ が塩基{Ca(OH)₂}と中和反応) {CO₂ + Ca(OH)₂ CaCO₃ + H₂O} CO₂と{CaO}の中和反応 \ CO₂ + H₂O {H₂CO₃ (酸性酸化物+水オキソ酸) {CaO} + H₂O} {Ca(OH)₂ (塩基性酸化物+水水酸化物) {H₂CO₃ + {Ca(OH)₂ {CaCO₃} + {2H₂O (オキソ酸と水酸化物が中和反応) {CO₂ + CaO CaCO₃{Al2O3}\ に{HCl}を加えると? {Al2O3}は塩基性酸化物,\ {HCl}は酸であるから,\ 中和反応して塩と水ができるはずである. よって {Al2O3 + 6HCl 2AlCl3 + 3H₂O} ※\ 塩と水ができるとわかればすぐに\ {Al2O3 + HCl AlCl3 + H₂O}\ を書ける.\ その後係数を考える. →i{SO₂}\ に{KOH}を加えると? {SO₂}\ は酸性酸化物,\ {KOH}は塩基であるから,\ 中和反応して塩と水ができるはずである. よって {SO₂ + 2KOH K2SO₃ + H₂O} ※\ {SO₂}\ 由来の塩の陰イオンは{SO₃²-}である.\ {SO₂}\ からできるオキソ酸が{H₂SO₃}\ だからである.  \ 原理の理解がない人は,\ 適当に\ {SO₂ + 2KOH K2S + H₂O}\ などとして訳がわからなくなる. →iCO₂\ と{BaO}を反応させると? CO₂\ は酸性酸化物,\ {BaO}は塩基性酸化物であるから,\ 中和反応して塩ができるはずである. よって {CO₂ + BaO BaCO₃

タイトルとURLをコピーしました