酸化物の分類、酸化物と水の反応

oxide-water
酸化物の分類非金属}の酸化物  酸性}酸化物  {NO₂},\ CO₂,\ {SO₃},\ {SO₂  金属}の酸化物 塩基性}酸化物  {Na2O},\ {K2O},\ {CaO},\ {BaO 塩基性酸化物}+水}\ 水酸化物$} Na2O+H₂O}\ {2}{NaOH$ ${CaO+H₂O} {Ca(OH)₂$ 酸性}酸化物 オキソ酸 CO₂ {H₂CO₃ (炭酸)} {SiO₂ {H₂SiO3 (ケイ酸)} {NO₂ {HNO₃ (硝酸)} {P4O_{10} {H₃PO₄ (リン酸)} {SO₂ {H₂SO₃ (亜硫酸)} {SO₃ {H₂SO₄ (硫酸)} {Cl₂O7 {HClO4 (過塩素酸)} $ l} ${SO₃+H₂O}{H₂SO₄$ ${P4O10+{6}H₂O}\ \ {4}{H₃PO₄$ ${3}{NO₂+H₂O}\ \ {2}{HNO₃+{NO$ CO}と{NOは非金属の酸化物だが,\ 例外的に{中性酸化物}である. また,\ {両性金属{Al},\ {Zn},\ {Sn},\ {Pb}の酸化物は両性酸化物}となる. 塩基性酸化物と水の反応の根幹は,\ イオン反応式\ {O²- + H₂O 2OH-}\ である. {O²-}がH₂Oから{H+}を1つ奪い取り,\ 互いに中間の{OH-}となって安定すると考えられる. ただし,\ {酸化物が常温の水と反応するのは,\ アルカリ金属とアルカリ土類金属の酸化物に限られる.} 酸性酸化物も塩基性酸化物と同様の規則だと仮定すると,\ {CO₂ + H₂O CO(OH)₂}\ となる. {CO(OH)₂}\ は見慣れない化学式だが,\ 少し順序を変えると炭酸{H₂CO₃}\ に他ならない. つまり,\ {酸性酸化物に水を加えると,\ オキソ酸(分子中に酸素を含む酸)ができる}のである. ただし,\ 水酸化物はイオン結合であったが,\ 非金属元素からなるオキソ酸は共有結合である. また,\ {どのようなオキソ酸ができるかは暗記}しておかなければならない. さらに,\ {NO₂}\ のみ{HNO₃}\ に加えて{NO}ができる特殊な反応であるため,\ 暗記を要する. →i{BaO}に水を加えると? {BaO}は金属の酸化物なので塩基性酸化物であり,\ 水と反応すると水酸化物が生じるはずである. よって {BaO + H₂O Ba(OH)₂} →i{Cl₂O7}に水を加えると? {Cl₂O7}は非金属の酸化物なので酸性酸化物であり,\ 水と反応するとオキソ酸が生じるはずである. よって {Cl₂O7 + H₂O 2HClO4

タイトルとURLをコピーしました