フェノール類の性質と反応

phenols
ベンゼン環に{OH}基が直接}結合した構造. 代表的なフェノール類 1–ナフトール2–ナフトール} –クレゾール {フェノール類の性質と反応}   水溶液中でわずかに電離し, 弱い酸性を示す.   分子間で水素結合するため,\ 融点・沸点が高めで,\ 多くは常温で結晶である.   検出 塩化鉄(III) {FeCl3}水溶液を加えると, 青~紫色に{呈}{ てい色する.   Na}を加えると, 水素が発生するアルコールと共通}). [-1.5zh] ナトリウムフェノキシドカルボン酸と反応してエステルを作る{アルコールと共通}). \エステル化}]}   塩基と中和反応し, 塩となって水に溶ける酸としての性質}). [-1.8zh] NaOH\ [中和反応}   {フェノール類の{塩}の水溶液に\二酸化炭素を吹き込む(炭酸{H₂CO₃}を加える).    すると, 炭酸より弱い酸である\フェノールが遊離する(酸としての性質}). [-1.5zh] \ {弱酸の遊離}]}\ {NaHCO₃}$} {OH}基がベンゼン環に直結していないものはフェノール類ではない. C10H8})を{ナフタレン}という.\ {昇華しやすい無色結晶}で,\ {防虫剤や染料}の原料となる. ₀ また,\ ベンゼンと同様に18個全ての原子が{同一平面上}にある. ナフタレンの{一置換体には2種類の位置異性体}が考えられる. 位置番号は,\ 右のベンゼン環の一番上から時計回りに1~8となる. ベンゼン環を共有する中央の2個の{C}は{H}をもたないから置換基は結合できず,\ 位置番号もない. フェノール類の反応は,\ アルコールと共通するものと酸としての性質によるものに分けられる. 有機化合物の多くは水に難溶であるが,\ {塩になるとすべて水に溶ける.} 特に重要なのは,\ \maru7の弱酸の遊離反応である. 酸の強さは,{塩酸・硫酸 カルボン酸 炭酸 フェノール}\ である. よって,\ フェノール類の塩により強い酸を加えると,\ 弱酸の遊離反応によりフェノールが遊離する.

タイトルとURLをコピーしました