芳香族カルボン酸(安息香酸、フタル酸)

スポンサーリンク
aromatic-carboxylic-acid
芳香族炭化水素の側鎖の酸化  ベンゼン環に直接結合している{C}原子が酸化}され,\ ce{- COOHトルエン エチルベンゼン スチレン無水フタル酸}{脱水}キシレン}イソフタル酸キシレンテレフタル酸}芳香族アルコールの酸化ベンジルアルコールベンズアルデヒド} フタル酸・イソフタル酸・テレフタル酸の分子式{C8H6O4}は覚えておきたい. 8,\ 6,\ 4と2ずつ減っているので覚えやすいだろう. また,\ {C8H6O4 C8H4O3}\ とあれば,\ フタル酸\ →\ 無水フタル酸である. 芳香族カルボン酸  構造}ベンゼン環にカルボキシ基 {- COOH}が結合した化合物.  性質と反応} {常温で固体. 冷水に溶けにくいが, 温水には溶けて弱酸性を示す.  {塩基と{中和反応し,{塩となって水によく溶ける安息香酸ナトリウム} 炭酸水素塩や炭酸塩を加えると,\ \二酸化炭素が発生する.   カルボン酸は塩となって溶ける弱酸の遊離}]}カルボン酸の{塩}の水溶液に塩酸を加える.   すると,\ 塩酸より弱い酸である\カルボン酸が遊離す酸としての性質}). [-1.8zh]  弱酸の遊離}]{NaCl}$アルコールと反応してエステルを作る({カルボン酸としての性質}). メタノールエステル化安息香酸メチル} ceH₂O}$}
タイトルとURLをコピーしました