フェノール C₆H₅OH の性質と4大製法

phenol
性質} 白色固体で,\ 水にごくわずか溶けて\弱い酸性を示す.     有毒で皮膚を侵す.     消毒・殺菌作用があり,\ 医薬品, 染料などの原料として用いられる.  {臭素化とニトロ化 臭素水と反応してトリブロモフェノール白色沈殿)が生じる.  濃硝酸(触媒 \濃硫酸)を加えて加熱すると, \ニトロ化してピクリン酸が生じる.   トリブロモフェノール ピクリン酸Br₂ニトロ化}濃硝酸}臭素化 {OH}基は,\ {オルト-パラ配向性}である. ピクリン酸(トリニトロフェノール)はフェノール類であるが,\ {強酸}である. また,\ {塩化鉄{FeCl3}水溶液で呈色しない.}\ 黄色結晶で,\ 爆発性がある. フェノールの4大製法$ クロロベンゼンの加水分解(ナトリウムフェノキシドを経由)クロロベンゼン 弱酸の遊離}加水分解}塩素化高温・高圧CO₂Cl₂ (触媒{Fe)} ベンゼンスルホン酸ナトリウムのアルカリ融解(ナトリウムフェノキシドを経由) ベンゼンスルホン酸ナトリウムナトリウムフェノキシド弱酸の遊離アルカリ融解}スルホン化中和NaOH}(固)濃硫酸}クメン法\ (工業的) (アセトンの製法}) クメンヒドロペルオキシドCH₃-CO-CH₃} アセトンプロペンに付加}酸化}CH₂=CH-CH₃{希硫酸 塩化ベンゼンジアゾニウムの加水分解 (詳細はアニリンの誘導体)}
タイトルとURLをコピーしました