mixture-separation

検索用コード
ろ過ろ紙を用いて,\ \液体とそれに溶けない固体}}を分離.} 砂と水の混合物をろ紙に通すと,\ 水から砂が除かれる.}} \\ \hline 溶液を沸騰させ,\ 蒸発}}しやすい成分を分離.} \\ 蒸留}}食塩水を沸騰させると,\ 水が蒸発して食塩が残る.} 蒸発した水は冷却して再び液体に戻す(下図).分留}}} 液体の混合物}}から\bm{\textcolor{red}{沸点の違い}}を利用して分離.} 石油からガソリン・灯油・軽油などを分離する(下図).}}再結晶}}温度による溶解度の差}}を利用して\bm{\textcolor{red}{結晶}}の分離.}不純物の食塩を含む硝酸カリウム\ce{KNO3}の結晶から\ce{KNO3}を析出させる.}抽出}}}溶媒に対する溶解度の差}}を利用して分離.} \\ お茶の葉にお湯を注ぐと,\ 水に溶けやすいお茶の成分だけが溶け出す.}}昇華}}}昇華性物質}}(\bm{\textcolor{red}{ヨウ素}}や\bm{\textcolor{red}{ナフタレン}}など)の分離.} 不純物を含むヨウ素を加熱すると,\ ヨウ素だけが昇華する.}}クロマトグラフィー}}}} ろ紙や吸着剤などへの\bm{\textcolor{red}{吸着力の差}}による分離. \  \rei\ \ \text{インク中の色素を分離する.} \\ \hline 蒸留装置}}(4つの点に注意)} \Put{(-10,3)}[n]{\textbf{温度計球部の位置}} \Put{(-10,3)}[s]{\textbf{\textcolor{red}{枝口付近}}} \Put{(-10,0)}[n]{\textbf{\textcolor{red}{沸騰石}}} \Put{(-10,0)}[s]{\textbf{突沸を防ぐ}} \Put{(2,-4)}[s]{\textbf{\textcolor{red}{下から上に流す}}} \Put{(2,-4)}[n]{\textbf{冷却水}} \Put{(12,-2)}[s]{\textbf{\textcolor{red}{密封しない}}} \Put{(12,-2)}[n]{\textbf{三角フラスコの口}} \Put{(4.5,2)}[s]{\textbf{\textcolor{red}{リービッヒ冷却器}}} 石油の分留}}} \\\\[-.5zh] 石油(原油){灯油}170~250℃})ナフサ}30~180℃})石油ガス}0℃以下})軽油}}240~350℃})重油}350℃以上} \bm{再結晶} 不純物を含む結晶を高温の水に溶かして飽和溶液を作る. \\[.2zh] \bm{   } 徐々に冷却すると,\ \bm{温度低下とともに固体の溶解度が小さく}なり再び結晶として析出する. \\[.2zh] \bm{   } 少量の不純物は飽和状態にならないため,\ 溶液中に残る. \\[1zh] \bm{昇華}  液体を経由せずに\bm{直接固体から気体}または\bm{気体から固体}になる現象.