oxide-water-neutralization

検索用コード
非金属}の酸化物 酸性}酸化物NO2},\ \ce{CO2},\ \ce{SO3},\ \ce{SO2}} \\[.2zh]  \textcolor{blue}{金属}の酸化物 \textcolor{cyan}{塩基性}酸化物{Na2O},\ \ce{K2O},\ \ce{CaO},\ \ce{BaO}} \\ 塩基性酸化物}+\textcolor{magenta}{酸}\ \textcolor{red}{塩}+\textcolor{blue}{水}CaO}}+\ce{2}\textcolor{magenta}{\ce{HCl}}\CaCl2}}+\textcolor{blue}{\ce{H2O}}$ \\[.4zh] \rei\ \ $\textcolor{cyan}{\ce{Na2O}}+\textcolor{magenta}{\ce{H2SO4}}\Na2SO4}}+\textcolor{blue}{\ce{H2O}}{酸性酸化物}+\textcolor{cyan}{塩基}\ 塩}+\textcolor{blue}{水}}$}}} \\\\ CO2}}+\textcolor{cyan}{\ce{Ca(OH)2}}\\ce{CaCO3}}+\textcolor{blue}{\ce{H2O}}$ \\[.4zh] \rei\ \ $\textcolor{magenta}{\ce{SiO2}}+\ce{2}\textcolor{cyan}{\ce{NaOH}}\ \textcolor{red}{\ce{Na2SiO3}}+\textcolor{blue}{\ce{H2O}}酸性酸化物}+\textcolor{cyan}{塩基性酸化物}\ \textcolor{red}{塩}{\ce{CO2}}+\textcolor{cyan}{\ce{CaO}}\ \\ \textcolor{red}{\ce{CaCO3}}$ \\ 塩基性酸化物,\ 酸性酸化物は,\ それぞれ酸,\ 塩基と中和反応する. \\[.2zh] また,\ 酸性酸化物と塩基性酸化物も中和反応する.\ ただし,\ この場合は\bm{水は生じない.} \\[1zh] これらは,\ 次のような段階を踏んで反応したと考えることができるが,\ 実際には一発で作ればよい. \\[.5zh] \rei\ \ \ce{CaO}と\ce{HCl}の中和反応 \\[.2zh]  \begin{array}{lll} {CaO} + \teisei{\ce{H2O}} \} \teisei{\ce{Ca(OH)2}}塩基性酸化物+水\ce}水酸化物) \\[.2zh] Ca(OH)2}} + \ce{2HCl CaCl2} + \teisei{\ce{2}}\ce{H2O}(塩基である\ce{Ca(OH)2}\ が酸\ce{HCl}と中和反応) \\[.2zh]\hline CaO + 2HCl CaCl2 + H2O} \\ \end{array} \\\\ \rei\ \ \ce{CO2}と\ce{Ca(OH)2}の中和反応 \ {CO2} + \teisei{\ce{H2O}} \ce{} \teisei{\ce{H2CO3}} (酸性酸化物+水\ce{}オキソ酸) \\[.2zh] ce{H2CO3}} + \ce{Ca(OH)2 CaCO3} + \teisei{\ce{2}}\ce{H2O} (酸である\ce{H2CO3}\ が塩基\ce{Ca(OH)2}と中和反応) \\[.2zh]\hline {CO2 + Ca(OH)2 CaCO3 + H2O} \\ \rei\ \ \ce{CO2}と\ce{CaO}の中和反応 \ \ce{CO2} + \teisei{\ce{H2O}}} \teisei{\ce{H2CO3}} (酸性酸化物+水\ce{}オキソ酸) \\[.2zh] \ce{CaO} + \teisei{\ce{H2O}} \ce{Ca(OH)2}} (塩基性酸化物+水\ce{}水酸化物) \\[.2zh] \ce{H2CO3}} + \teisei{\ce{Ca(OH)2}} \ce{} \ce{CaCO3} + \teisei{\ce{2H2O}} (オキソ酸と水酸化物が中和反応) \\[.2zh] \hline \ce{CO2 + CaO CaCO3{Al2O3}\ に\ce{HCl}を加えると? \\[.2zh] \ce{Al2O3}は塩基性酸化物,\ \ce{HCl}は酸であるから,\ 中和反応して塩と水ができるはずである. \\[.2zh] よって \ce{Al2O3 + 6HCl 2AlCl3 + 3H2O} \\[.2zh] ※\ 塩と水ができるとわかればすぐに\ \ce{Al2O3 + HCl AlCl3 + H2O}\ を書ける.\ その後係数を考える. \\[1zh] \toi\ \ \ce{SO2}\ に\ce{KOH}を加えると? \\[.2zh] \ce{SO2}\ は酸性酸化物,\ \ce{KOH}は塩基であるから,\ 中和反応して塩と水ができるはずである. \\[.2zh] よって \ce{SO2 + 2KOH K2SO3 + H2O} \\[.2zh] ※\ \ce{SO2}\ 由来の塩の陰イオンは\ce{SO3^2-}である.\ \ce{SO2}\ からできるオキソ酸が\ce{H2SO3}\ だからである. \\[.2zh]  \ 原理の理解がない人は,\ 適当に\ \ce{SO2 + 2KOH K2S + H2O}\ などとして訳がわからなくなる. \\[1zh] \toi\ \ \ce{CO2}\ と\ce{BaO}を反応させると? \\[.2zh] \ce{CO2}\ は酸性酸化物,\ \ce{BaO}は塩基性酸化物であるから,\ 中和反応して塩ができるはずである. \\[.2zh] よって \ce{CO2 + BaO BaCO3