reagent-preservation-2

検索用コード
黄リン} 自然発火})}水中} \\ {アルカリ金属} }{空気や水と反応})} {石油中} \\{エーテル} }{揮発性で引火しやすい})} \{火気なし冷所}濃硝酸}{光で分解})}褐色びん}ハロゲン化銀} {感光性} 潮解性\ガラスを侵す}){ポリエチレン容器}}} \\ \}{フッ化水素}een}{ガラスを溶かす})}ゴム栓かシリコン栓で密栓(ガラス瓶に保存)}} {ポリエチレン容器(長期)}} \\
NaOH}をガラス栓で保存すると,\ すりあわせ部分で空気中の\ce{CO2}\,と反応し,\ \ce{Na2CO3}\,が生成する. \\[.2zh] 固着してガラス栓が抜けなくなるため,\ 変形しやすいゴム栓かシリコン栓で密栓して保存する. \\[.2zh] また,\ \ce{NaOH}はガラス(主成分\ce{SiO2})と反応するため,\ 長期的にはポリエチレン容器に保存する. \\[1zh] \ce{CO2}\,や\ce{SiO2}\,と\ce{NaOH}との反応は,\ 「酸性酸化物+塩基\ce{->}塩+水」である. \\[.2zh] \ce{CO2 + 2NaOH -> Na2CO3 + H2O}  \ce{SiO2 + 2NaOH -> Na2SiO3 + H2O}