chromium-manganese-mercury

検索用コード
第4周期6族) \\[.5zh]  .{濃}硝酸}}には\textbf{\textcolor{magenta}{不動態となるため溶けない.}} \\[.8zh]   二クロム酸イオン}} 酸性溶液中で\textbf{\textcolor{red}{強酸化剤}}として働く(自身は還元). \\ [.5zh] Cr2O7^{2-}}}\ (+\,6)} 還元剤}}と反応]Cr^3+}}\ (+\,3)} \\ 二クロム酸イオン}}}クロムイオン}}} \\ {橙赤色}}) {暗緑色}}) 二クロム酸イオンとクロム酸イオンの平衡}}(酸化還元反応ではない) \\[.5zh] Cr2O7^{2-}}}\ (+\,6)}塩基性}}にする]酸性}}にする]} {\ce{CrO4^{2-}}}\ (+\,6)} \\[-.5zh] \text{{\small \textbf{二クロム酸イオン}}}クロム酸イオン}}} \\ (橙赤色}})黄色}}) 金}}\ ステンレス} {Fe}と\ce{Cr}}\ の合金. \\[.2zh] ニクロム}e{Ni}と\ce{Cr}}\ の合金. \maru1\ \ 濃硝酸で不動態となる金属 \bm{\ce{Fe}(徹)\ce{Co}(子)\ce{Ni}(に)\ce{Al}(ある)\ce{Cr}(苦労)} \\[1zh] \maru2\ \ \bm{\ce{Cr2O7^2- + 14H+ + 6e- 2Cr^3+ + 7H2O}} \\[.5zh] Cr2O7^2- + 2OH- <=>[塩基性にする][酸性にする] 2CrO4^2- + H+}} \\[1.5zh] 一般には,\ 金属元素の酸化物は塩基性酸化物である. \\[.2zh] しかし,\ \ce{Cr}\,や\ce{Mn}の酸化物は,\ 酸化数が大きくなるにつれて酸化物が酸性を示すようになる. \\[.2zh] \ce{CrO}\,(+\,2\,;塩基性酸化物),\ \ \ce{Cr2O3}\,(+\,3\,;両性酸化物),\ \ \ce{CrO3}\,(+\,6\,;酸性酸化物) \\[.2zh] %\ce{CrO}(黒,\ 塩基性酸化物),\ \ce{Cr2O3}(緑,\ 両性酸化物),\ \ce{CrO3}(暗赤色,\ 酸性酸化物) \\[.2zh] \ce{CrO3 + H2O H2CrO4}\ (クロム酸) (酸性酸化物+水\ →\ オキソ酸) \\[.2zh] また,\ \ce{Cr(OH)3}\ (+\,3)\,は,\ 両性水酸化物である. \\[.2zh] よって,\ 他の両性金属と同様,\ 過剰の\ce{NaOH}水を加えると,\ \ce{[Cr(OH)4]^-}(緑)\ を形成して溶ける. マンガン \ce{Mn}}} (第4周期7族) \\[.5zh]   \textbf{\textcolor{blue}{\ce{KMnO4}} \maru1\ \ \textcolor{purple}{黒紫色}の針状結晶}. \\[.5zh]        \,\maru2\ \ {\boldmath $\begin{array}[t]{ccc} \textcolor{red}{\ce{MnO4-}}\ (+\,7) 還元剤}と反応][]} Mn^2+}}\ (+\,2) \\ \text{{\small \textbf{過マンガン酸イオン}}}マンガンイオン}}} \\ (\textcolor{purple}{赤紫色}{淡桃色}\,;ほぼ無色) MnO2}}} \\[.5zh]    \maru1\ \ \textbf{黒色粉末}(水に不溶). \\[.5zh]    \maru2\ \ \textbf{\textcolor{red}{乾電池の正極活物質}}のほか,\ \textbf{\textcolor{cyan}{触媒}}や\textbf{\textcolor{magenta}{酸化剤}}として用いられる.触媒}}\,(自身は反応しない) ce{2H2O2{MnO2}}] 2H2O + O2 ^} \\[.2zh] \bm{\textcolor{magenta}{酸化剤}}\,(自身は還元される)ce{MnO2}} + \ce{4HCl MnCl2 + 2H2O + Cl2 ^} %\ce{Mn^2+}は水溶液中で,\ \ce{[Mn(H2O)6]^2+}(淡桃色)で存在. \\ \ce{Mn}は,\ 酸性溶液中では\ce{Mn^2+}\,(+\,2),\ 中性・塩基性溶液中では\ce{MnO2}\,(+\,4)が安定している. \\[.2zh] よって,\ \bm{\ce{KMnO4}\,は酸性条件下においてより強い酸化力を示す.} \\[.2zh] 酸性条件     \ce{MnO4- + 8H+ + 5e- Mn^2+ + 4H2O} \ \ \ (+\,7→+2) \\[.2zh] 中性・塩基性条件 \ce{MnO4- + 2H2O + 3e- -MnO2 v + 4OH-}\ \ (+\,7→+4) \\ (第6周期12族;\textbf{\textcolor{blue}{典型元素}}) \\[.5zh]   \maru1\ \ \textbf{\textcolor{red}{常温で唯一の液体の金属.} \\[.4zh]   \maru2\ \ 他の金属との合金(\textcolor{red}{アマルガム})}を作りやすい(\ce{Fe},\ \ce{Co},\ \ce{Ni}\,以外). \\[.4zh]   \maru3\ \ \textbf{\textcolor{blue}{\ce{Hg(OH)2}}}\,は\textbf{\textcolor{red}{常温でも容易に脱水}}し,\ \textbf{\setlength{\fboxsep}{0pt}\colorbox{yellow}{\ce{HgO}の黄色沈殿}}が生じる. \\[.2zh]    \ \   \textbf{\ce{Hg(OH)2 -HgO v + H2O}} \\[.8zh]   \maru4\ \ $\begin{cases} 塩化水銀(\mathRM{\hspace{.13zw}I\hspace{.13zw}})\ \ \ce{Hg2Cl2}\ (甘汞;カンコウ) 水に溶けにくい白色粉末.\ 毒性なし. \\ 塩化水銀(\mathRM{I\hspace{-.1em}I})\ \ \ce{HgCl2}\ \ \hspace{.1zw}(昇汞;ショウコウ) 水に溶けやすい無色結晶.\ 強い毒性. 水銀の単体は,\ 辰砂(しんしゃ)\ \ce{HgS}を加熱して得られる. \ce{HgS + O2 Hg + SO2} \\[1zh] \ce{Hg+}は単独では存在せず,\ 2つの\ce{Hg+}が共有結合して二量体\,\ce{Hg2^2+}\,を形成している. \\[.2zh] よって,\ 塩化水銀(\mathRM{I})を\ce{HgCl}とは表さない. %(\ce{Hg+}に不対電子1個).