無機化学(化学反応の原理)

高校化学の根幹を成す最重要事項であるにもかかわらず、学校で系統的に教わることはほぼなく、重要性を認識できている受験生は思いの外少ない。以下の反応原理を理解することなく膨大な化学知識を丸暗記しようとするのは愚の骨頂である。必ずこれらの原理を理解してから暗記を始めて欲しい。

化学反応が起こる背景には必ず原理がある。物質を適当に混ぜて何でもかんでも反応するわけではない。反応原理を理解していると、どの物質とどの物質を混ぜるとどんな反応をしてどんな物質ができるかが分かるようになる。すなわち、丸暗記せずとも化学反応式が書けるようになる。化学反応式は、暗記するものではなく自分で作るものなのである。試験で問われる化学反応式のほとんどが当ページで取り上げた反応原理によるものである。

これらの反応原理の多くは、基本的には理論化学の次の無機化学の学習に入る前か、あるいは無機化学の学習と同時くらいのタイミングで理解していくのが普通である。


印刷することを想定し、当カテゴリをまとめ直したpdfファイルを販売しております。




当カテゴリ内記事一覧

ページの先頭へ