拡大と縮小の原理

scaling
移動前の点を(x,\ y)},\ その点の移動後の点を(X,\ Y)}とする.$  平行移動と同様,\ $(x,\ y)}を(X,\ Y)}で表し,\ y=f(x)}に代入する.$  関数を${x軸方向にa倍拡大・縮小することを考える({y軸基準).$  移動前の点}$(x,\ y)}をx軸方向にa倍した点は,\ (ax,\ y)}である.$  これを$(X,\ Y)}とすると,\ X=ax,\ Y=y}\ より x={X}{a},\ y=Y}$  $y=f(x)}に代入して  結局,\ $x軸方向にa倍$する移動は,\ yellow}{${x→ xa$}\ とすればよい.  関数を${y軸方向にb倍拡大・縮小することを考える({x軸基準).$  移動前の点}$(x,\ y)}をy軸方向にb倍した点は,\ (x,\ by)}である.$ \  結局,\ $y軸方向にb倍$する移動は,\ yellow}{${y→ yb$}とすればよい.  例として,\ $y=x²\ を\ {x方向に2倍してみよう.\ 以下に図も示す.$  ここで,\ $y=x²$\ を\ $y$方向に${14}$倍してみる. ${y→4y\ とすればよいから  4y=x² より y=14x²$}  $y=x²\ ならば,\ x方向にa倍と,\ y方向に{1}{a²}倍は等しくなる.$
関数一般
受験の月をフォローする
受験の月
タイトルとURLをコピーしました