peputido@2x

検索用コード
アミノ酸同士は,\ \ce{- COOH}基と\ce{- NH2}\,基の間で脱水縮合して結合する. \\[.2zh] すると,\ アミド結合\ce{- CO-NH -}をもつ物質が生じる.{アミノ酸同士のアミド結合を\textbf{\textcolor{blue}{ペプチド結合}}といい,\ ペプチド結合をもつ物質を\textbf{\textcolor{blue}{ペプチド}}という.}
脱水縮合
\textbf{\textcolor{blue}{ジペプチド}}  アミノ酸2分子が結合してできたペプチド. \\[.2zh] \textbf{\textcolor{blue}{トリペプチド}} アミノ酸3分子が結合してできたペプチド. \\[.2zh] \textbf{\textcolor{blue}{ポリペプチド}} 多数のアミノ酸分子が結合してできたペプチド. \\\\\\\\
さて,\ グリシンとアラニンからなるペプチドの異性体について考える. \\
グリシン1分子とアラニン1分子からなるジペプチドの異性体グリシルアラニン(Gly\,-\,Ala)アラニルグリシン(Ala\,-\,Gly)
グリシンの\ce{COOH}基とアラニンの\ce{NH2}\,基が脱水縮合するとグリシルアラニンができる. \\[.2zh] アラニンの\ce{COOH}基とグリシンの\ce{NH2}\,基が脱水縮合するとアラニルグリシンができる. \\[.2zh] 不斉炭素原子\textcolor{red}{\ce{C}*}が1個あるから,\ それぞれ2種類の光学異性体が存在する. \\[.2zh] 結局,\ このジペプチドの異性体は,\ \textbf{\textcolor{red}{構造異性体が2種類,\ 光学異性体を含めて4種類}}ある.
ペプチドは,\ \ce{N}末端(\ce{NH2}\,の残った側)が左側,\ \ce{C}末端(\ce{COOH}の残った側)が右側で書くことが多い. \\[.2zh] ペプチドの名称は,\ \ce{N}末端から\ce{C}末端への順で語尾を\,\text{-ine}から\,\text{-yl}に変えて呼ぶ. \\[.2zh] ここで示したように,\ \text{Gly\,-\,AlaとAla\,-\,Gly}\ が同一物ではないことに注意.
グリシン1分子とアラニン2分子からなるトリペプチドの異性体グリシルアラニルアラニン(Gly\,-\,Ala\,-\,Ala)アラニルグリシルアラニン(Ala\,-\,Gly\,-\,Ala)アラニルアラニルグリシン(Ala\,-\,Ala\,-\,Gly)
構造異性体が3種類あり,\ それぞれ2個の不斉炭素原子\textcolor{red}{\ce{C}*}\,をもつ. \\[.2zh] よって,\ それぞれ$2^2=4$種類の光学異性体が存在する. \\[.2zh] 結局,\ このトリペプチドの異性体は,\ \textbf{\textcolor{red}{構造異性体が3種類,\ 光学異性体を含めて12種類}}ある.