高校数学Ⅱ 整式の微分

スポンサーリンク

言わずと知れた高校数学の最重要分野「微分積分」の一方の「微分」である。数ⅡBまでの範囲で受験した場合の出題率はほぼ100%である。

この分野はパターンさえ抑えておけば、後は単に計算するだけで済むことが多い。よって、比較的点を稼ぎやすい分野であり、きちんと学習を積んだか否かで大きな差が出る。ただし、計算量が多くなりがちなので素早く処理できるだけの計算力が要求される。

理系は数Ⅲの微積分がメインとなるが、当然その基礎は数Ⅱの微積分にある。各パターンおよびその考え方は数Ⅲに入る前に習得しておくべきである。

当カテゴリでは「微分」分野のパターンを網羅する。単純な微分計算と増減表の作成とグラフの図示をできるようにすることは大前提で、その後一通りのパターンを習得すれば完璧である。

また、一部の問題は裏技的な知識を持っておくと見通しがよくなったり、穴埋め式試験で役立つ。当カテゴリではそのような知識も取り上げる。

スポンサーリンク

当カテゴリ内記事一覧

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました