数学ほど使えるわけではないが、物理でも裏技やそれに近い小技・テクニックが存在する。中にはかなり本質的なものもあり、センター試験だけでなく2次試験でも重要である。




数値が常識的に正しいかを考える

physics-urawaza1




数値を概算する

physics-urawaza2




単位を確認する

physics-urawaza3

より応用的な例を次でも扱っている。
動く三角台上の物体の運動(慣性力)、物理の検算法




特殊(極端)な値を代入する

physics-urawaza4

より応用的な例を次でも扱っている。
動く三角台上の物体の運動(慣性力)、物理の検算法




他の選択肢との共通点に着目する

physics-urawaza5

この方法がセンター物理で使える可能性は低い。センター物理は6択、8択にして全パターンの選択肢を尽くしてくるからである。しかし、この考え方は択一式試験全般に応用可能である。

個人的な例を挙げると、センター国語で全く分からなかった知識問題をこの裏技で1問正解した。
また、ある択一式(5択)の資格試験(合格率10%台)で全く分からなかった問題を10問中5問正解した。同じ会場で10人ほどが受験していたが、合格したのは自分1人であった。

最後の裏技は次の書籍を参考にしている。正しく使いこなすことができれば強いが、実際に使いこなすのは難しいため万人には推奨できない。