雪来いということで雪恋まつりがあるイオックスアローザスキー場に行ってきた。

スキーシーズンではないので駐車場には余裕があるが、思っていたよりも人出は多い。

 

さすがスキー場、すでに上部にはうっすらと雪が積もっていた。

 

午前9時、スキー場横の医王神社で神事が始まる。

 

獅子舞奉納。

 

そしてメイン行事である雪曳き。

山から木を曳き出すのを再現して丸太をひっぱる。

会場の端から端までの結構長い距離。50~100mくらいか。

雨はいいけどカッパが邪魔。

 

 

その後再び獅子舞披露。

 

カメラマンが多いと思ったら目的はご当地アイドルか。

動き回って撮影しているならいいのだが、ステージイベントを座って撮影しているとかなり寒い。完全防備のつもりだったのに~。

 

昼間には少しだけ青空も見えたので会場の様子を撮影。

 

午後から行われる餅まき。

子供も大人も必死の争奪戦。

 

大量に投げられるので、若い大人なら20個くらいはゲットできるはず。

 

しばらく撮影だけしていたが、同じ光景が続くので自分も餅をゲットしにいく。

が、盛大にコケる。その瞬間にシャッターを切っていた(笑)。

結局、7個ほどゲットできた。

 

最後によさこい(3組だけ)があってお祭り終了。

 

最後に駐車場から見える紅葉を撮影。