富山県駅伝大会があるということで、当然のように撮影に行く。

スタートとゴールは富山県庁だが、富山市まで行くのがしんどいので高岡市で撮影することに。

往路と復路のたすきリレーを短時間で撮影できる高岡大橋近くの中継所を選択。

 

 

生憎の曇り空だが、走者にとっては走りやすいか。

 

まもなくランナーが来るはずの時間帯になっても普通に車が通行している。

 

待機開始から約30分、第1走者がやってきた。

通行規制は結構直前だった。

 

第1走者と第2走者の間の数分間にも車を通す。

 

うほっ、これはいい競り合い。

 

ランナーと同じ左側だとたすきリレーの撮影が思ったより難しいことに気付き、反対側に移動して撮影。

 

最後のチームのたすきリレーが終了してからわずか10分ほど後、最初のチームのランナーが戻ってきた。

 

走り終えた後なのに余裕の笑顔ですね。

 

一方こっちの選手は死にそうですね。

 

同じような写真ばかりになってきたので、もっと高岡大橋の近くで撮影しようかと少しだけ場所移動

 

 

最後のランナーを見送って撮影終了。

 

駅伝は市民マラソンとは違ってシャッターチャンスが少ないので違う写真を撮るのが中々難しい。。。