1万3000人以上が走るということで、1時間前の到着時にはすでに周辺は人だらけ。

撮影できそうな高所に移動すると、ちょうど2匹のハチさんが通りかかった。

 

雨が降ったり止んだりと天候は微妙。

立山連峰は見えない。

 

スタート地点の正面に回り込もうとするも、歩行者ですら通行規制。

結局、他の道から回り込む羽目に。

 

意外とカメラマンは多くないが、ド正面は報道関係者用スペースとなっており、容易には撮影できない。

どちらにせよ100mくらい離れているので、すき間から望遠で撮影する。

 

午前8時50分、車いすランナーが出走。

 

曇り空なのであまりシャッタースピードを早くできない。

逆にシャッタースピードを遅くして流し撮り。

 

午前9時、フルマラソンランナーがスタート。

 

こちらも流し撮りしてみる。

 

全体の様子をシャッタースピードを遅くして撮影してみるといい感じ。

 

歩道橋の上から。

立ち止まるの禁止ということで、ゆっくりと歩きながら連写(笑)。

 

市民マラソンと言えば面白キャラクター。

ただし、午後から別のイベントに行く予定なのであまりじっくりと撮影している時間がない。

何か写っていることを期待しつつ、適当に連射しておく。

帰宅後確認すると、変なおじさんが写っていた。

 

15分ほど撮影し、次の地点に向かうことにしようとしたとき、もう車いすランナーが戻ってくるというアナウンス。

最後のランナーがスタートしてからわずか5分ほどでトップの車いすランナーがスタート地点に戻ってきた。


 

他の車いすランナーも続々帰還。

 

帰還中の車いすランナーを流し撮りしつつ、次の地点に向かう。

しかし、周囲は渋滞。残り時間を考えて途中地点の撮影を断念。ゴール地点の富岩運河環水公園に行くことにする。

 

8号線は大した渋滞もしておらず、十分な余裕を持って富岩運河環水公園に到着。

しばらく考え、富山県美術館屋上で待機することに。

が、11時頃から待機しているのになかなかやってこない。

11時20分頃、ようやく富山北大橋の上をトップのランナーが走っているのを超望遠レンズで確認。

換算450mmをさらにトリミングしているので1000mm相当くらいかも。

タイミング良ければ後ろを北陸新幹線が通ったのに~

 

1,2分で富山県美術館の真下を通過。

直前まで大声で練習していた応援団がなぜか沈黙。

 

おお、超望遠レンズだとレースっぽい写真が撮れる。

30分後くらいには人だらけになるのだろうか。

 

通り過ぎるランナー達を撮影しつつゴール地点へ。

 

ゴール地点は、正面が完全に報道関係者用で横は植え込みなどがあり、カメラマンは多くないが非常に撮影しにくい。

身を乗り出してなんとか撮影。

 

最後、女性2位のランナーを撮影できた。

時間があれば高岡大仏、山町筋、新湊大橋、富山北大橋などもっといろんなスポットで撮影できたのに~~~