庄川ゆず祭り期間中は、チラシを持っていくと普段1000円の半額500円で乗れるということでやってきた。

ただし、長崎橋までの往復40分ほどのショートクルーズ。

ちなみに、この遊覧船でしか行けないという超秘境小牧温泉は、長崎橋からさらに15分ほどのところにある。

大牧温泉までの遊覧(往復2800円)もあるが、宿泊者でなければ下船できない。

 

チラシはゆず祭り会場の庄川水記念公園の他、砺波市役所や道の駅庄川などにもおいてある。

 

ゆず祭り会場から車で5分ほど。

駐車場はあまり広くないので、30分位前には着いておきたい。

 

乗船希望者は50~100人ほど。

万が一も考えて早め(といっても10分前ほど)に並ぶ。

10人目ほどで乗り込み、当然窓のない2階の最前部へ行く。

最前部は前方に窓があるので、最後部の方がよかったかもしれない。

それぞれ超広角レンズ(15mm)と超望遠レンズ(300mm)を装着したカメラ2台体制。

直前までほぼ完全に曇っていたが、運良く太陽が出てきてくれた。

 

遊覧船のスピードは思っていたよりも速い。

気温は15℃以上だが、窓がないので風が吹きさらし、体感では10℃ほどになる。

 

庄川峡の紅葉と庄川峡沿いに続く県道をひたすら撮影。

 

鳥さんも結構いたが、300mmの望遠ではせいぜいこの程度。

 

20分ほどで長崎橋に到着し、折り返し。

橋の上にはカメラマンが数人ほど待ち受けていた。

 

奧に最近できたばかりの利賀大橋も見えた。

 

おそらく中国人観光客達が貸し切っていると思われる他の遊覧船。

 

かつての利賀大橋の主塔。

 

県道471号線を走る南砺市営バス。

 

乗船から40分後、発着場に帰還。

遊覧船の乗船時間に合わせてゆず祭りを抜けてきたので、この後再びゆず祭りに戻った。