旅行会社クラブツーリズムが主催する「月見のおわら」を見るため、井波彫刻まつりから50分ほど山道を走って約1ヶ月ぶりに八尾までやってきた。

基本的にはツアー参加者のために本祭と同様におわら踊りがあるのだが、ツアー参加者でなくとも見学できる。

混雑度が低い、スケジュールが決まっている、フラッシュ撮影可能、雨天対応ありと本祭より優位な点がある。

一般客用の駐車場は1000円。

 

本祭のときに撮影できなかった八尾町の遠景。

マジックアワーの八尾町いいですね。

 

次の日が台風という雨空だったので小学校のグラウンド?内の特設ステージでの披露となった。

雨天は21年の月見のおわらの歴史で初らしい(笑)。

基本的には全員立ち見だが、50mくらい離れた校舎の段差に座りながら見ていた人もかなりいた。

 

ステージ付近は傘禁止ということで、傘をさしながらステージから20mほどのところから撮影。

購入したばかりの300mm(換算450mm)の超望遠レンズが早速役立つ。

 

1時間半くらいの間、3つの支部の踊りが披露された。

最初は天満町支部。

本祭で見られなかった舞台踊りが見られたのは良かったが、どうしても似たような写真ばかりに。

 

続いて福島支部。

 

ステージ後方が明るいのに前方が暗いのは何とかならないものか。

 

開始から1時間ほど、2つの支部が終了する頃になると、予想通り疲れて帰り出す高齢者多数。

ド正面に移動して撮影する。

 

間に10分ほどおわら踊りの解説。

あの踊りってそんな意味があったのか~。

 

最後は下新町支部。

 

1時間半ほどでしたが、踊りも撮影も十分楽しめました。